釣りダネ



第一精工「ノットアシスト2.0」の使い方を知ればFGノットも楽々完成

第一精工のノットアシスト2.0を使うことで、PEラインとリーダーの接続が楽に出来るようになります。

ノットアシスト2.0があると、自宅でも、釣り場でもFGノットでPEラインとリーダーを接続できます。

しかも、わずらわしい締め込みもやらなくてもイイとなれば、ノットアシストを使わない手はありません。

実際に、私も使ってみたら、多少慣れは必要ですが簡単にFGノットができるので、今では手放せないノットアシストツールになりました。

お店でも、なかなかの人気商品になっているようですよ。

今回は、第一精工のノットアシスト2.0の使い方を紹介していきますよ。

第一精工「ノットアシスト2.0」

●ノットアシスト2.0の特徴

第一精工のノットアシスト2.0は、PEラインとリーダーをFGノットで簡単、確実、スピーディに結束することを実現してくれるノットアシストツールになります。

ノットアシスト2.0のスペックをみてみましょう。

PEライン:0.3~6号
適合リーダー:3lb~70lb
サイズ:58x149x39mm
105x57x39mm(収納時)
重量:カーボンブラック50g ミリタリーカラーズ68g
材質:CFRP(カーボン繊維強化プラスチック含有率20%) GFRP(ガラス繊維強化プラスチック含有率55%)

 

ノットアシスト2.0の特徴

ノットアシスト2.0の大きな特徴が3つあります。

1つ目は、波型になっているラインフックにラインを1~2周巻き付け、スイッチをSHUT側に押すことで簡単にラインを固定できます。

またラインフック部には軟質ゴムが採用されているので、挟み込んでの巻きグセが付きにくくなっています。

ラインもPEラインが0.3~6号、リーダーが3℔~70LBとかなり幅があり、様々な釣りのリーダー接続に使えます。

 

2つ目の特徴は、リーダーの接続は、ピンと張ったPEラインにリーダーをS字状に巻き付けていくだけなので、変なコブもできずにFGノットが出来上がります。

編み込むというのが難しく感じるところですが、きれいで美しく簡単に編み込んすることができ、

ノットの仕上げになるハーフヒッチもスムーズにできます。

 

3つ目の特徴は、ノットアシスト2.0を使わないときは、ストラップ部を引くことでロックする機構になっているので、アームを閉じてコンパクトに収納できます。

 

●ノットアシスト2.0の使い方動画

それでは、第一精工のノットアシスト2.0の動画を見てみよう。

 

●ノットアシスト2.0の使い方手順

1、PEラインをセットします。
PEラインの端線を20センチくらい残してラインフックに固定し、反対側のラインフックにPEラインの本線を固定します。

(この時、PEラインをピンと張るようにアームを出来るだけ広げて固定します)

 

2、リーダーをセットします。
リーダーの端線を20~25センチくらい残して真ん中にあるラインフックに固定します。

固定後は、リーダーをPEラインの上に交差させておきます。

 

3、リーダーを編み込んでいきます。
リーダーの端線とPEラインの交差した部分を中指と親指で押さえながら、交差部分上側からS字状に編み込んでいきます。

上から下から交互に編み込みます。10回以上は編み込んでおきましょう。
(私は、15~20回くらい編み込んでいます)

 

4、仮固定します。
交差部分の下側でリーダー端線を1回編み込みます。

アームを少し緩めながらリーダーが真っすぐになるように右側に引っ張り仮固定します。

 

5、ラインの付け替え
これから、ハーフヒッチをするために、ラインの固定位置を替えていきます。

リーダー端線をPEライン本線側のラインフックにPEライン本線と一緒に固定します。

この時、PEライン本線とリーダー端線は平行に重なるようにします。

PEライン端線をラインフックから外します。

リーダー本線を外し、PEライン本線&リーダー端線と反対のラインフックに固定します。

この時、ラインはピンと張るように調整して固定します。

 

6、ハーフヒッチで編み込みます。
PEライン端線でPEライン本線とリーダー端線の2本をまとめてハーフヒッチで編み込みます。

ハーフヒッチは、10回以上編み込みます。

10回以上ハーフヒッチで編み込んだら、リーダー端線だけをラインフックから外し、リーダー端線を編み込んだ根本でカットし、さらにPEライン本線に編み込んでいきます。

(カットしたリーダー端線の残りがあれば隠すように編み込んでいきます)

 

7、エンドノットで完成
編み込みができたらエンドノット(PEライン端線で3回内巻き)し、PEライン端線を2㎜くらい残して
カットします。

すべてのラインフックからラインを外して完成です。


●まとめ

最近のルアーフィッシングでは、PEラインを使うのが主流になっています。

しかし、リーダーの接続が苦手だったり、面倒に感じている人もかなりいるのではないでしょうか。

これからは、第一精工のノットアシスト2.0でFGノットが簡単にできるようになりますよ。

最初は、やりにくいかも知れませんが、慣れてくると船の上でも簡単にFGノットができるようになります。

PEラインを使う釣りが多くなり、、リーダー接続は必須になっていますから、

きれいに簡単にリーダー接続できるようになるノットアシスト2.0はメチャ便利なのでおすすめします♪

常にボックスに携帯している今日この頃です(笑
 
この記事も読まれています↓↓

ピックアップ記事

  1. ハゼのウキ釣りに行って来ました!
  2. バイオベックス「ドラゴンテイル2.2インチ」を使ってみましたよ!レビュー
  3. 趣味が釣りで何が悪い!一生楽しめる遊びがここにある♪
  4. 釣り人御用達!偏光サングラスでポイントの見え方が変われば釣りが変わる
  5. ガン玉と割ビシの重さをグラムに換算した表

関連記事

  1. 釣りダネ

    趣味が釣りで何が悪い!一生楽しめる遊びがここにある♪

    「趣味はやっぱり釣りだね」と、このブログ名にもなっているのとおり、魚釣…

  2. 釣りダネ

    ウェーダー補修ボンド2を使って修復してみました。

    4月に長瀬太郎生川にアマゴを釣りに行った際に、スリムウェーダーのブーツ…

  3. 釣りダネ

    さくやんのプロフィール

    釣具店に20年勤務の元店長/ブログライターさくやんのプロフ…

  4. 釣りダネ

    ガーグリップMCカスタムの特徴と改造して楽に持てるようになったこと

    第一精工から発売されている人気のフィッシュグリップ「ガーグリップMCカ…

  5. 釣りダネ

    16セルテート2004CHのラインローラーとベアリングをついに交換!

    私が持っている16セルテート2004CHは、知り合いに売ってもらいオー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTUBE

 

釣りダネのピックアップ記事

Twitter

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」
  1. アジング上達のコツ

    アジング用ジグヘッドの選び方で注目する基本3点
  2. 釣り具のレビュー

    ラストエース75のフックセッティングと使い方をインプレ!丸飲み画像も有り!
  3. 釣り具のレビュー

    やわらかプップ(ロデオクラフト)でナマズ釣りしたのでインプレしてみました!
  4. 重さ・単位の変換表

    ガン玉と割ビシの重さをグラムに換算した表
  5. キス

    投げ釣りでキスを楽しんでいました
PAGE TOP