釣り具のレビュー



バレーヒルのバズスレイターBZRC-71HGをインプレ

バレーヒルのバズスレイターシリーズは、ブランクスから見直しをかけたナマズ釣りを楽しめるロッドになっています。

私もナマズ釣りはバスロッドで楽しんでいましたが、やはりデカいナマズとのやり取りを考えるとナマズ専用のロッドが欲しくなり、バズスレイターBZRC-71HGを愛用しています。

そんなバズスレイターBZRC-71HGをインプレしていきますよ!

バズスレイターBZRC-71HGをインプレ

 

1、バズスレイターBZRC-71HGってどんなロッド

バズスレイターは、ブランクス性能をナマズ専用に特化したロッドになっています。

これまでのグラス素材メインで作られたデロンとしたロッドから、カーボンとグラスを使ったコンポジット素材になっています。

特にトップウォーターゲームでその実力を発揮でき、捕食が下手だと言われるナマズのバイトをフッキングに持ち込みやすい柔軟性を持ったティップ部と、

ナマズが掛かってからバット部に荷重が移動し、ナマズの引きをシッカリ受け止めるバットパワーを持っています。

個人的には、バズスレイターBZRC-71HGを足場の高い場所とフリッピングで使いたいこともあり、71という長さが抜群にマッチしたロッドです。

80クラスのナマズを想定したパワーモデルです。
通常より1~2サイズ大きめのルアー操作を容易にしているだけでなく、
大型サイズにありがちなキスバイトをフッキングに持ち込める柔軟な
ティップ部と分厚い顎を貫通させるロッドパワーと
言った相反する性能を合わせ持っています。

引用元:バレーヒル

 

2、バズスレイターBZRC-71HGのスペック

モデル:BZRC-71HG
長さ:7’1”
ロッドウェイト:166
ルアーウェイト:1/4-1
ライン:10-20
パワー:H
テーパー:RF
メーカー希望価格:\16,000

【バレーヒル】 バズスレイター BZRC-71HG NEW BUZZSLATER

 

3、バズスレイターBZRC-71HGで実釣

 

バズスレイターにも様々なアイテムがありますが、河川や用水路と複数のポイントパターンを攻めるなら長さとパワーを持った7ft1incが自分にピッタリと判断して購入です。

まず、使った結果からいうとナマズを掛けた後の曲がりがやや大きく感じるが、曲がってからパワーを発揮するタイプのロッドといえる。

昨今のナマズ専用ロッドは、ベロンベロンのタイプとピンシャンロッドの両極になっているように感じるが、その中間に位置するロッドといえるでしょう。

ベロンベロンのロッドは嫌いなので、ピンシャンの硬いロッドを買おうとも思ったが、吸い込みのバイトを取りたいこともありティップ部の柔らかさもバズスレイターは持っているのが嬉しいですね。

さあ、実際に現場でロッドを振ってみることに・・・・。

私のメインフィールドとしてナマズ釣りに通っているのは、小河川と用水路になるのでピッチングやフリッピングで打ち返したりすることもあり近距離勝負で使っていきます。

サイドキャストやバックハンドキャストなどナマズのいるポイントによってキャストを自在に操れるロッドだとウレシイのですが・・・。

まず、ナマズを狙うポイントはこんな所です。

10~20mくらいの川幅だったり、幅1mくらいの水路と様々です。

使うルアーは、でんぐりガエル鯰SP・プップ・キャタピー・ポンパドールjr.鯰カスタムなどタイプもバラバラです(笑

まあ、すべてトップでナマズ釣りをするので、水中でのルアー感知能力は特に必要はありません。

使うリールは、カルカッタ100やメタニウムXTの2種類で、それぞれナイロン20LB、PE4号を巻いています。

実際にキャストについては、ナイロンでもPEでもストレスなくキャストは可能でした。

オーバーキャストでは、少しルアーの荷重を乗せるイメージでキャストすると飛距離を伸ばすことができます。

サイドでもバックハンドでも、キャスト後にすぐにブレがなくなるのでコントロールもつけやすいロッドになっています。

個人的には、PEラインを使った方がキャストがしやすい感じがします。

7ft1incという長さの利点をいかして、幅の狭い水路でのピッチングやフリッピングもしやすく、ルアーを静かに落とすことが可能になります。

魚を掛けると、ロッドは一気にバット部までキレイに曲がっていきます。

バズスレイター71は、カーボンが多いロッドではないので曲がっても反発が強く感じるロッドではありません。

グラスファイバーとのコンポジット素材なのでグイっと曲がり込んでいくので、好き嫌いがハッキリ出る所かもしれませんね。

もちろんナマズを抜き上げるも曲がったままで抜き上げ可能なので、足場の高い所からでも安心してナマズを抜き上げ出来ます。

竿の曲がりは、こちらの動画で見れます。

 

4、まとめ

現行のバズスレイターBZRC-71HGは、販売価格も15,000円くらいになってくるので、コスパ的にも買いやすナマズ専用ロッドになってきます。

私は、価格改定前に購入したので2万円を超えていましたけどね。

ガチガチのピンシャンロッドもなく、ベロンベロンのロッドでもないナマズ釣りようのロッドを探しているなら、バズスレイターBZRC-71HGは使えるロッドになるなりますよ。

【バレーヒル】 バズスレイター BZRC-71HG NEW BUZZSLATER

こちらのレビュー記事も読まれています↓↓


ピックアップ記事

  1. ナマズ釣りでPEラインを使うメリットとデメリット考えてみた
  2. ハゼクランクの釣り方の基礎!ハゼ釣りがルアーでも楽しめる5つのコツ
  3. メガバス「ピークスハゼスペシャル」って釣れるのか?ハゼクラレビュー
  4. バスデイ「はぜ玉」を使う!ハゼ専用クランクの実力を実釣レビュー!
  5. コアマンVJ-16のリフト&フォールで良型マゴチがヒット♪

関連記事

  1. 釣り具のレビュー

    レジットデザインのワイルドサイドWSS-ST61ULを使ってみたら十分な結果に満足!

    昨年、二十数年振りに七色ダムでバス釣りを楽しみ、この夏も再び七色ダムで…

  2. 釣り具のレビュー

    【鯵魂】AJING SPIRIT(アジングスピリット) AJS-S60L/Sをおかっぱりで使った結果…

    クレイジーオーシャンの【鯵魂】AJING SPIRIT(アジングスピリ…

  3. 釣り具のレビュー

    【クレイジーオーシャン】サウンドBKとホプロン!ついに出たチニング用アイテムをインプレ!

    クレイジーオーシャンと言えば、エギングやジギングで名を馳せているメーカ…

  4. 釣り具のレビュー

    プップ(ロデオクラフト)のナマズ攻略レビュー

    ロデオクラフトのプップは、ナマズ釣りで釣れるルアーとして有名ですね。…

  5. 釣り具のレビュー

    泳がせ釣りで人気上昇の活きエサ『ギンペイ』の実力は?

    ギンペイは、泳がせ釣りで使う活きエサとして人気上昇中のエサです。…

  6. 釣り具のレビュー

    19ストラディック2500Sを使ってみたよインプレ

    発売前からスゴイ話題になった19ストラディックはお店でもすぐに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTUBE

 

釣りダネのピックアップ記事

Twitter

  1. 釣り具のレビュー

    泳がせ釣りで人気上昇の活きエサ『ギンペイ』の実力は?
  2. 釣り具のレビュー

    【スミス】キャタピーソフト新登場!ナマズ釣りソフト系ルアーをインプレ
  3. ブラックバス

    琵琶湖ガイドのバスプロからバス釣りテクニックを教えてもらいました♪
  4. 釣り具のレビュー

    ジャクソンR.A.ポップの実力はいかに?人気クロダイポッパーインプレ
  5. 釣り具のレビュー

    テイルウォークのソルティシェイプダッシュ「サーフラット106M+」使用インプレ
PAGE TOP