釣り具のレビュー



ジャクソンR.A.ポップの実力はいかに?人気クロダイポッパーインプレ

R.A.ポップは、ジャクソンから発売されてロングランで売れているクロダイ専用ポッパーです。

R.A.ポップは、三重県でも評価が高く、今でも人気の高いルアーになっています。

クロダイが釣れるルアーとして絶大な人気を誇る、ジャクソンのR.A.ポップをインプレしていきますよ。

R.A.ポップのインプレ

R.A.ポップはクロダイのポッピングゲーム専用でルアーメーカー「ジャクソン」から発売されました。

当時、浜名湖をホームにしていた朝倉健太氏がポッパーゲームの第1人者としてメディアでも活躍して、全国に広がっていきました。

ジャクソンのHPをみると、
「クロダイ好みのポップ音」
「捕食しやすい立ち姿勢」
「ミスバイトを防ぐための左右のダートを抑えるようなフィン状のエラ」
とクロダイを釣るための性能が入っています。

まあ実際のところ、釣果が伴わないとこれほど売れ続けることはできません。

何がいいのか?を解明していきますよ。

「クロダイ好みのポップ音」

R.A.ポップのポップ音は「パコン」「ポコン」「パァコン」という音を楽に出すことができます。

時には強めの「バァコン」と音も出せますが、どちらにしてもクロダイに対して何かある?と興味をもたせる音を奏でることができます。

「捕食しやすい立ち姿勢」

R.A.ポップの海面での姿勢は、ほぼ垂直に近い姿勢になります。

どの姿勢がクロダイには、良いのが解りませんが個人的には5度くらい水平側に傾いた姿勢が好きです。

この姿勢だと、なぜか?バラシを連発してしまうことがあります。
まあ、これは個人的感覚ですが・・・・・。

「ミスバイトを防ぐための左右のダートを抑えるようなフィン状のエラ」

R.A.ポップの最大の特徴がこのフィン状のエラでしょう。

ただの格好つけであるわけではありません。

このフィンがあることで、ルアーの直進性を高めて真っすぐなルアー軌道を作ってくれます。

直進性が高くなると、クロダイがバイトしても真横にズレ飛ばずに前方にズレるので、クロダイが再度アタックするチャンスが残ります。

これが釣れるルアーの最大の特徴です。

●R.A.ポップのスペック

サイズ:7㎝
ウェイト:7g
タイプ:フローティング
フックサイズ:フロントST-46#8、リアST-46#6

 

●R.A.ポップのベストシチュエーションは

 

R.A.ポップは、トップウォータープラグですから狙う水深は約50~2m(深くても3mくらい)くらいがベストです。

ベストシチュエーション的には、やはりベタ凪と言われるような海面になっている時です。

でも、なかなかそんな時ばかりに釣りに行けませんね。

あまり風波がない穏やかな海面をしている状態がベストになるといえます。

夜明け直前にそうなる時間帯があります。

 

海面がこの状態なら、かなり釣りやすくポッピングもしやすいのでR.A.ポップの実力が最大に発揮できます。

しかも、クロダイが追跡してきてバイトする瞬間も目に見えるので興奮度MAXで楽しめます。

もちろん、波が出ている時でも使えるのですが、しっかりポップ音を出さないとクロダイにアピールできません。

 

こんなに波がある状態でも、うまくR.A.ポップを操ることでクロダイをトップまで誘い出すこともできます。

デイかナイトかの話になると、やはりデイゲームでの使用になります。

 

●R.A.ポップの有効な使い方

 

R.A.ポップの有効な使い方ですが、基本は一定のリズムでポッピングさせることです。

ポコン・ポコン・ポコン・ポコン、

パコン・・・パコン・・・パコン・・・パコン、

と、連続でアクションを入れていきます。

クロダイは、警戒心が強い魚なのですがトップウォータープラグにもアタックする獰猛さもあります。

そのために、アクションを途中でやめてしまうとクロダイがルアーにアタックするのをやめてしまいます。

連続でポッピングさせるのが基本です。

しかし、その日のその日でクロダイの反応が違います。

連続ポッピングの間に1秒2秒とルアーをクロダイに見せることもあります。

ストップを入れるとか食うチャンスを入れるとか言い方は様々ですが、日によってクロダイの反応をみながらアクションさせていきます。

クロダイからのバイトがあり、うまく乗らなくても、そのままアクションを続けていきます。

ミスバイトしてもクロダイは2回3回と、ルアーにアタックしてくることもあります。

水面をバシャッと割るバイトがあって、ミスしても焦らずにアクションを続けることが好釣果に繋がるコツです。

●R.A.ポップで実釣したよ

さあ、R.A.ポップでクロダイを釣っていきましょう♪

狙うのは、もちろんシャローエリアになります。

 

●R.A.ポップの実釣カラー

R.A.ポップには20色(2019年8月16日現在)がありますが、おすすめしたいカラー4色あります。実際に釣果のあるカラーです。

イワシ

ジャクソン(Jackson) R.A.POP(アール.エー.ポップ) 70mm SIW

 

シラス

【ポイント3倍】Jackson(ジャクソン) ポッパー R.A.ポップ 70mm 7g シラス CLS ルアー

 

クルマエビ

ジャクソン(Jackson) R.A.POP(アール.エー.ポップ) 70mm KEB クルマエビ

 

マットピンク

ジャクソン(Jackson) R.A.POP(アール.エー.ポップ) 70mm MPC

 

正直なところ、カラーに関しては参考程度にみてもらえばいいでしょう。

なぜなら釣りをしている海域により反応するカラーが違ってくるからです。

カラーに関しては、アピールカラー・ナチュラルカラーと大きく変えれるように用意をしてもらえれば良いでしょう。

 

●まとめ

今回は、ジャクソンのR.A.ポップについて書いてきました。

実際にR.A.ポップは、ポッピングしやすく連続ポッピングさせやすいルアーです。

初心者からベテランまで使える圧倒的実力を備えているので、クロダイのポッパーゲームには、揃えておきたいルアーですね。

ちなみに三重県の河川でクロダイポッパーゲームをする人のほとんどが持っているルアーになります。

ホントにオソロシク人気のあるルアーです。

ピックアップ記事

  1. ガーグリップMCカスタムの特徴と改造して楽に持てるようになったこと
  2. 19ストラディック2500Sを使ってみたよインプレ
  3. 【松阪近郊サーフ】バーティス140でビッグマゴチをヒット!
  4. アジングのベストシーズンはいつなのか?
  5. バレーヒルのバズスレイターBZRC-71HGをインプレ

関連記事

  1. 釣り具のレビュー

    「アジストTZ64SL」テイルウォークのアジングロッドをインプレ

    年を追うことに人気が上がっていくアジングゲーム。やっとアジング…

  2. 釣り具のレビュー

    レアリス忍虫を使った沈虫リグを教えてもらったよ!使い方やジグヘッドのサイズは?

    今年教えてもらったリグでレアリス「忍虫」を使った『沈虫リグ』という…

  3. 釣り具のレビュー

    レジットデザインのワイルドサイドWSS-ST61ULを使ってみたら十分な結果に満足!

    昨年、二十数年振りに七色ダムでバス釣りを楽しみ、この夏も再び七色ダムで…

  4. 釣り具のレビュー

    YGラボ「ハニースラッシュ」をインプレ!注目の羽根ものルアーを買ったよ!

    最近、気になるルアーを世に出しているYGラボからハニースラッシュが発…

  5. 釣り具のレビュー

    ハゼクランクDRが新登場!ダイワのハゼ釣りルアーをインプレ

    「ハゼクランクDR」と「ハゼクランクMR」がダイワからハゼクランクが新…

  6. 釣り具のレビュー

    バレーヒルのバズスレイターBZRC-71HGをインプレ

    バレーヒルのバズスレイターシリーズは、ブランクスから見直しをかけたナマ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTUBE

 

釣りダネのピックアップ記事

Twitter

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」
  1. ショアジギング

    コアマンVJ-16のリフト&フォールで良型マゴチがヒット♪
  2. 釣り具のレビュー

    テイルウォークのベイトリール:フルレンジ66Rをインプレ!この性能でこの価格なら…
  3. ナマズ

    でんぐりガエル鯰SP壁際狙いで好反応♪
  4. アジング上達のコツ

    アジングにも使えるリーダーの結び方で超簡単なのはコレだ!
  5. 釣り具のレビュー

    【スミス】キャタピーソフト新登場!ナマズ釣りソフト系ルアーをインプレ
PAGE TOP